結婚式の費用はどのくらいの相場なのか

結婚式いつまでにいくら準備すればいい?

あこがれの結婚式、やりたいことや気になる衣装、夢が膨らむ一方で結婚式にかかる費用のことが気がかりな方も多いのではないでしょうか?地域や招待人数によって、結婚式にかかる費用は大きく異なりますが、近年の平均的な結婚式費用は「300万円~350万円」となっています。これは、日本国内で70~90人前後の規模の結婚式を行ったカップルの平均金額です。食事や衣装など、こだわりのポイントは人それぞれですが、それによって費用が大幅に前後することあるので、事前にどんな結婚式にしたいか二人で話し合っておくことをおすすめします。

支払いは、前払い、当日払い、後払いがありますが、ほとんどの式場が前払いとしていますので、結婚式一か月前までには費用の準備をしておいた方がいいでしょう。

最終的な自己負担額は?もらえるお金もあります

結婚式費用「300万円~350万円」と聞くととても高額に感じます。しかし、結婚式ではもらえるお金もありますので、結婚式費用全てが自己負担というわけではありません。ゲストから頂くご祝儀は友人・同僚で平均三万円、親族は六万円以上が相場と言われています。その為平均的なご祝儀額は200万円程と言われており、これを踏まえると最終的な自己負担額は「100~150万円」ということになります。式場によってはこのご祝儀を使った支払方法などを取り入れているところもありますので、事前に確認しておくと安心です。

式場見学に行くと、二人の意見を取り入れた見積もりの作成をしてもらうことができるので、無料の式場見学等も是非活用してみてください。

パパママ婚とは子どもを連れて再婚する人や、出産を先に済ませたカップルが子どもと共に結婚式を行うことを指す造語です。ファミリーウェディングとも称され、家族全員で作り上げていくのが特徴の挙式です。